ウーマン

ボトックス注射の特徴とは

注射

効果や持続期間など

ボトックス注射には、ボツリヌス菌が出す毒素であるボツリヌストキシンを大幅に弱めて医薬品にした成分が使用されています。これを気になる部分に注射をすることにより、筋肉の動きを抑制し、トラブルを解消するという治療法です。年齢を重ねることで目立ってくる目尻のシワ、口の周りのシワ、眉間のシワのような表情ジワの改善に効果的で、シワ以外にも多汗症の解消やエラ筋を抑制して小顔効果を得る治療にも使われています。ボトックス注射は、施術後すぐに効果が出るのではなく、数日経ってから徐々に効果が出てくるという特徴があります。数週間経ってからやっと効果を実感できるようになったという人もいますし、エラ張り解消の場合は、3、4ヶ月後が一番小顔効果を実感できるでしょう。効果が出るまでには一定の期間が必要なので、施術後は焦らず様子を見ることが大切です。効果の持続期間は、治療部位やボトックスの注入量によって差がありますが、一般的には半年から1年間と言われています。早い人だと3、4ヶ月で効果がなくなり、元に戻る人もいるようです。効果を持続させたい場合は、効果が切れるタイミングで治療を繰り返す必要があります。しかし、ボトックス注射は繰り返すほどに効果の持続期間が長くなっていくという特徴があるため、治療を重ねることで治療サイクルは長くなっていきます。ボトックス注射は手軽にできて効果が高い割に、デメリットやリスクの少ない治療法です。10分程度の施術で、注射を打つのみの施術ですから、ダウンタイムの症状も軽くて済みます。まれに腫れや内出血が出ることもありますが、メイクで隠すことができますし、数日から1週間ほどで自然に回復します。入浴もその日からできるので、すぐに日常生活に戻ることができます。治療の際には、超極細針を使用するので、針の跡が残ることもなく、顔に打つ場合も安心です。ボトックス注射は効果が高く、リスクや失敗の少ない、メリットの多い治療法です。施術自体も短時間で、痛みもわずかなので、気になる人は気軽に治療を受けてみてはいかがでしょうか。